投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

今話題の投資は民泊用のマンションと関連銘柄の購入だ!

f:id:wave_fxtrade:20171218144005j:plain

最近投資対象として「民泊」への注目が高まっています。
民泊マンションや、民泊関連銘柄に投資をすることによって長期的な成長を狙うことができます。
この記事では、投資初心者の方に向けてまず民泊とは何かということから、民泊に対してどのように投資をしたら良いのか、ということをご説明します。

民泊とは?

民泊とは、個人宅の一部やマンションの一部などを宿泊用に提供することをいいます。
つまり、旅館やホテルのような元から宿泊用に作られたものではなく、通常の居住用のスペースを貸し出し、宿泊者は、その部屋の対価を支払うシステムとなっています。

anond.hatelabo.jp

民泊用のマンション購入

投資による収益を目的としてマンションを購入することはよくあります。
しかし、従来の投資というのは長期的な居住を目的とした、つまり「家賃収入」を目的としたものでした。
今後は、こういったモデルに加えて民泊による宿泊を目的としたマンション投資も増えていくことが予想されます。
というのは、多くの宿泊客を見込める状況では賃貸物件として貸し出すよりも、民泊として提供した方がより多くの収益が見込めるからです。

民泊の住所公開サイト

民泊は、旅館と比較して大々的な宣伝が難しいということもよくあります。そのため、民泊の住所を公開し、宿泊客をつのるというサービスが始まっていますここでご紹介するのは、「Ravens(レイヴンズ)」というサイトですこのサイトは「民泊は誰もに優しい存在であるべき」をコンセプトに設計されています。

例えば、民泊は一般的な旅館やホテルと比較して「ちょっと不安」と思われる方もいらっしゃるでしょう。そういった不安が本当かどうかは、実際に宿泊した人の意見を聞かなければわからないという面もあります。

そのため、Ravensでは実際に宿泊した人の意見を投稿・閲覧できることに加えて、騒音・ゴミ出しのルール違反や防犯などの運営実態に対して、正しい情報を書き込むことができる「異議を唱える」というコマンドを実装するなど、悪意のある民泊物件情報の投稿に対して、予防・早期発見ができるように工夫されているのが特徴です。
参考:Ranven(レイヴンズ)
URL:https://raven-s.info/

民泊の住所公開サイトは、今後多様に展開していくことが予想されます。
民泊の提供者としては、システム利用料も重要ですがそれ以上に民泊としての「信頼性」を高めていくことが、投資物件の価値上昇にもつながり、長期的に見ればプラスということも考えられます。
その意味では、Ravens(レイヴンズ)は今後さらなる成長が期待できるサービスであるといえるでしょう。

www.jiji.com

民泊の関連銘柄

現在民泊が話題となっている背景には、訪日外国人観光客の増加があります。
とりわけ2020年の東京オリンピックに際しては、より多くの外国人観光客の訪日が予想され、既存の旅館やホテルだけでは「泊まりたくても泊まれない」という状況が出てくると考えられます。

また、オリンピック以外であっても日本の伝統文化に興味のある外国人は多いため、投資をする地域を考えたうえで民泊を提供できれば、オリンピック終了後も継続安定して収益を狙うことが可能です。
その意味でお勧めなのは、個人的に民泊に投資をすることに加えて民泊関連サービスを提供している関連銘柄の購入です。

例えば、不動産情報サイトを運営しているアパマンショップホールディングス<8889>は、すでに民泊情報を提供するサイトをオープンさせています。また、ほかの不動産情報サイトであるネクスト<2120>やレオパレス<8848>、スターツ<8850>などといった関連銘柄も今後同様のサービスを提供する可能性があり、その思惑から買われるという可能性も考えられそうです。

また、マンションの民泊提供開始に向けて中古マンションのリノベーションサービスも活発になっていくと考えられますので、民泊向けリノベーションサービスを提供するインベスC<1435>や、掃除など家事代行のダスキン<4665>など住まいに関連した企業の動向にも注目が集まりそうです。

Airbnbの予約数ランキング1位が東京!

世界的に有名な民泊情報サイト「Airbnb」において、予約数ランキングで東京が1位にランキングしています。
ちなみに2位は、フランスパリであり3位は大阪、4位がアメリカニューヨークとなっています。

東京が世界的に人気を集めている理由としては、まず東京であれば日本の文化が一通り楽しめるということもあります。
また、東京オリンピックに向けてにぎわう街中を早期に体験したいという人々もいらっしゃるでしょう。

その他、富士山や桜、四季折々の風情など日本にいることで味わえる特色が東京にいれば体験することができるというのも一因だと考えられます。
ところで、Airbnbで紹介されているその他の国の民泊事情がどうなっているのかも少しご紹介します。

例えば、ランキング2位のフランスパリでは、観光客向けの民泊で物件不足と家賃の値上がりが懸念されています。それに関連して1年間に4か月までの民泊には届け出義務や、4か月を超える場合には同じ面積のアパートをパリ市内に用意するなどの義務付けを行っています。

また、アメリカでは州ごとの違いはありますが、オーナー(貸主)不在の民泊を禁止したり、制限を加えたり、ビジネスライセンスの取得を義務付けるなど、より安全な民泊の提供を目指しています。

このように、民泊に関する法整備は国によってまだまだ途上というのが現状であり、今後の展開には我々日本人としても着目しておく必要がありそうです。

www.nikkei.com

法律を守り正しく民泊をしよう

いかがだったでしょうか。

民泊ビジネスや投資は、今後新たな投資形態として有名になっていくと予想されます
ただ、上記のように民泊はまだ法規制などが始まったばかりです。

2017年6月に成立したいわゆる「民泊新法」をはじめ、今後も新たな法律や法改正などがあるでしょう。
法律について知ることは、投資においても非常に重要なことなので法律の内容をよく調べたうえで、民泊ビジネスや投資を行うようにしましょう。