投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

今年話題になったVALUの仕組みやリスク紹介!

 f:id:wave_fxtrade:20171227150157j:plain

企業に投資をするものとしては、株式投資がありますが、個人の価値に直接投資をするものとしてVALUというものがあるのはご存知でしょうか?
ビットコインを通じて有名人に投資をすることができるほか、自分自身も「やりたいこと」「達成したいこと」のために資金を集められるということで、話題になりました。
この記事では、投資をするのが初めてという方に向けて、VALUの仕組みやリスク、ほかの投資と比べた場合の評価についてわかりやすくご説明します。

VALUとは?

VALUについてご説明する前に、クラウドファンディングや株式投資はご存知でしょうか。
クラウドファンディングとは、「何か事業を達成したい」というものにたいして資金の出資を募り、そして資金を出資した人に対しては特典を配布するというようなものです。

一方で、株式投資とは資金を必要としている企業が株式を発行して、その企業に可能性を感じている人がその株式を購入し、値上がり益や配当益、株主優待などを得るという投資形態です。

VALUは、このクラウドファンディングと株式投資の個人版だと思ってください


つまり、個人がVAという通貨のようなものを独自に発行することができます。
そうしてVALU発行者に興味のある人は、その人について調べ購入することができます。
そしてそのVAを保有していると、予め接待された優待(サービスなど)を得ることができます。

※優待が設定されていないVAもあります。さらに、株式のようにそのVAを売りに出すことも可能です。
もしも、VAの価格が値上がりしていた場合には、その値上がり益を自分の利益とすることができます。

また、株式投資やクラウドファンディングとの違いとしては、VALUの取引はビットコインという代表的な仮想通貨を通じて行う、ということもあります。
つまり、大まかな資金の流れとしては
出資者→日本円→ビットコイン→VA→ビットコイン→日本円→VALU登録者

と上記のようになります。

valu.is

話題になっていたがリスクや危険性はどれくらいあるのか?

VALUは、だれでも気軽にできるということが特徴ですが、ほかの投資と比べてリスクも指摘されています。

それは、株式投資でいうところの上場の審査が極めて甘いということです。
株式投資の場合には、取引所に上場する場合には厳しい審査があり、上場後も基準を満たさなくなると上場廃止になるなど、常に投資家や取引所の監視の目にさらされています。

一方で、VALUの場合にはSNSなどで多少でも知名度があれば審査に通ってしまいます
また、VAの売却によって集めた資金の用途についても監視されているわけではないので、本来の目的以外に使用する例も多発しています。
また、最悪のケースとしては十分な資金が集まった段階で、VALUの登録をやめてしまったり、値上がりしたタイミングを狙ってVAをすべて売却してそのまま逃げるなどのやり方もできてしまいます。

これは株式市場でいう「相場操縦」行為ですが、VALUは各人の善意にゆだねている面が大きく、裏を返せば無法地帯になっているともいえます。
とりわけ、リスクの比重はVAの発行者側というよりは、購入者に偏っているといえます。

売り手も確かに、優待を約束した場合にはそれを達成せずに辞めるということはできないなどの縛りはあるものの、買い手は投資したものがそのまま持ち逃げされたりするリスクもあるため、買い手として参加する場合には十分に注意する必要があります。

www.itmedia.co.jp

実際に儲かるのか?

VALUは、ほかの投資と比較して参入障壁が低く、またボラティリティが高いという特徴があります。つまり、ハイリスクハイリターンな投資だといえます。
まず、売り手にとっては自身の知名度によっては、短期間の大量の資金を集めることが可能です。
※トップ層は時価総額が100億円を突破しています。1億円越えも少なくありません。


一方で、VALU購入者にとっては可能性のあるVAを割安の時に買っておくことで、資金を数倍、数十倍にすることが可能です。
また、VAはビットコインで売り買いするので、ビットコイン相場の影響も当然受けます。

ビットコインは、2017年に大きく価値が上がったため、VAの値上がり益と併せて、莫大な利益を得た「VALU長者」が多く誕生したものと思われます。

jp.techcrunch.com

他の投資方法と比べて安定しているのか?

VALU投資は、ビットコインという仮想通貨の信頼性も併せて万人にお勧めできるとはいいがたいものです。

しかし、これから拡大していくポテンシャルを秘めた投資形態ともいえ、人の価値を見定めることができる人であれば、その能力を活かして莫大な利益を上げられる可能性のある投資だとも言えます。

したがって安定させるのは難しいけれども、大きな利益を期待できる「ハイリスクハイリターン」型の投資形態といえるでしょう。
繰り返しになりますが、まだVALUはしっかりとした法整備や投資家保護の仕組みができているわけではありません。

それが、利益につながるともいえますが、とりわけ買い手としてVALUに参加する場合には、他人任せではなく自分でしっかりとしたリサーチとリスク管理が行えることが必要です。