投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

個人投資家が株で勝てない理由とは?

f:id:wave_fxtrade:20180104150356j:plain


最近は株式投資も証券会社に電話をかけることなく、個人のパソコンで行えるようになり、株式取引を行う個人投資家の方が増えてきています。しかし、一方で利益を出すことができる個人投資家の割合は少なく、多くの場合は利益を出せないか、損失を抱えているというのが実情です。

この記事では、株式投資をしているけれどもうまくいっていない個人投資家の方や、これから株式投資を始めたいけれども、うまく投資ができるか不安である方に向けて「どうして個人投資家は株で勝てないのか」という理由をご紹介します。

メジャーな会社の株を購入している

株式投資においては「銘柄選び」がとても重要だといわれます。
つまり、無数にある銘柄の中から今後上がる可能性のある銘柄を選別して、その銘柄の動向に注目することが、株式投資で成功するための第一歩です。
しかし、初心者の方は「知名度があるメジャーな会社の株=上がりそう!」だと思ってしまう傾向があります。

確かに、それは間違いではないかもしれません。
これらは「大型株」と呼ばれ、価格が安定しており長期的に投資をする上では有効だといわれています。ただ、これらの株はもうすでにメジャーであるがゆえに、価格が現状よりも上がりづらいというのも事実です。

つまり、株式投資で利益を出すためには「ほかの人がまだ注目していないけれども、今後注目が集まるであろう」というものを先んじて購入しなければなりません
要するに「先見の明」が必要ということです。

そのためには、新聞やネットなどで「今後何が世の中で求められるのだろうか」ということを調べたうえで、その技術を開発している会社を見つけ、その会社について詳しく調べたうえで、投資をする必要があります。

初心者の方は、こうした自分で調べて考えるという作業を面倒に思う傾向が強いので、それが株式投資で勝てないことにつながっています。

www.americakabu.com

グラフを見極められていない

株式投資においては、その会社の概要を調べるということに加えて「チャート」というグラフを見て判断する力も重要になります。

しかし、このグラフの見方についてはすでに様々な深い研究がされており、初心者の方が「何となく」グラフを見て、適当にトレードをするだけでは利益が上げられなくなっています
初心者の方は、まず感覚でグラフを見る前に、グラフの見方の基礎を学ばなければなりません。

グラフの基本的な見方については、ネットや書籍などで様々なものが出回っていますから、これらを自分で調べて基本的なパターンをまず覚えましょう。

また、株式投資の場合には「チャート」というグラフに加えて、「板」「歩み値」「出来高」といったデータもちゃんと読めるようになることが必要です。
最初は情報が多すぎていやになるかもしれませんが、上級者の方になるとグラフやそれに関連する情報を見ただけで、この後相場がどうなるのかという推測を建てて、それに従って理性的なトレードを行うことができます。

株式投資では、ネットや本などで必要な情報を調べる「座学」と、実際にグラフや板などを見る「実践」を自分でちゃんとペース配分をして、バランスよく行っていくことが上達の秘訣です。

勉強不足によって現状が把握できていない

上記のように、株式投資では「勉強」して自分の「相場を読む力」を鍛えていく必要がありますが、多くの初心者の方はこの勉強が不足しているまま取引をしているため、勝つことができていません。
株式投資は、勉強しなければならないことが非常にたくさんあります。
確かに、株式投資をするのに特別な資格などは必要なく、口座を開けばすぐに入金して取引することができます。

しかし、それは勉強をしなくてもよいというわけではなく、「どうやって勉強するのか」ということも含めてすべてが自己責任であるということだと理解してください
実際勉強不足のまま相場に臨むと、相場がどうなっているのかという状況を読むことができず、単にその場の自分の感情のアップダウンに従って取引をすることになります。

しかし、人間は感情的になると必ず不合理な行動をしてしまうようにできているため、株式投資では勝つことができません。

そのため、株式投資できちんとした利益を上げたいのであれば、自分で自分を厳しく律して、勉強していく必要があります。

まずは投資の知識を身に着けよう

いかがだったでしょうか。
株式投資は、一見すると「上がるか下がるか」の二択であるように思えますが、その背景には非常に複雑な仕組みが働いています。

初心者の方が、これらを一朝一夕で理解するのは無理ですが、それでも我慢して勉強しなければ、株式投資で勝つことはできないというのが事実です。
そのため、株式投資で勝ちたいと思うならば、まずは書籍やネットなどで株式投資に関する知識を仕入れて、それを自分のものにするまで繰り返すということが重要です。

そのうえで、トレードをして経験を積み、その経験に対して、よいものも悪いものも含めて向き合うことで初めて、勝ちトレーダーになる道が開けます。