投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

ビットコインが普及すると消費電力によりリスクが伴う!

f:id:wave_fxtrade:20180104154740j:plain

2017年は仮想通貨元年といわれました。
ビットコインをはじめ、仮想通貨は大きく値を上げたばかりではなく、テレビのCMなどによって人々に対する認知は確実に広がっています。

しかし、そのビットコインですが運営するためには大量の電力が必要だということはご存知でしたか?

そしてそれによって、最悪電力不足になる事態も懸念されています。
この記事では、仮想通貨初心者の方に向けてビットコインの抱える「消費電力」という問題についてわかりやすくご説明します。

ビットコインが高性能なため消費電力が大きくなってしまった

ビットコインは、無数にある仮想通貨の中で最もメジャーな通貨ですが、それはビットコインが非常に高性能だからです。

今まで、ビットコインの取引所がハッキングされてビットコインが盗まれたということはありましたが、ビットコインそのもののセキュリティーが破られ、つまりビットコインが偽造されるという事態はまだ起こっていません。

それは、ビットコインの基盤となる技術である「ブロックチェーン」というものが非常に優れているからです。
ブロックチェーンは、ビットコインの取引の記録の集合体だと思ってください。
ブロックは無数にあり、それぞれがチェーンのようにつながっているため「ブロックチェーン」と呼ばれます。

しかし、このブロックチェーンの仕組みを維持するためには大量の電力を必要とするようになりました。
ビットコインの保守作業のことを「マイニング」といいますが、この作業は繰り返せば繰り返すほど難易度が上がり、高度な計算能力を必要とするようになります。

かつては、このマイニングという作業は個人のパソコンでも可能な時期もありましたが、現在は国家レベルでのプロジェクトになり、そのために大量の電力が投入されています。
もちろん、ビットコインを今後確固たる通貨として確立させていくには、ある程度のコストは必要ですが、そのために必要なものは日に日に大きくなっています。

今後消費電力が増え続けると?

ビットコインの使用者や取引は、今後仮想通貨の広まりによってさらに増えていくことが予想されます。
そうなると、懸念されるのはやはり上記で挙げた「マイニング」にかかる消費電力です。

一説によれば、2017年時点においてビットコインの保守に必要な電力は、デンマーク一国分に相当するまで膨れ上がり、これはさらに2020年においては全世界の消費電力と同じくらいの電力が必要になるという事態に発展するといわれています。

そうなると懸念されるのは電力不足です。
ビットコインという通貨を維持するために、一般家庭は停電になる恐れがあります。
実際に、自国通貨が信用ならないためビットコインが急速に広がっているベネズエラでは、ビットコインの消費電力の影響で一時停電が起こりました。

今後ビットコインの消費電力が増えていく問題はさらに深刻になるとみられ、そうなると仮想通貨そのものの存在も危うくなる可能性も否定できません。

tocana.jp

省エネのビットコイン開発

現在、世界では様々な仮想通貨が発行されています。
ビットコインが一番有名ですが、それ以外にも様々な性能を搭載した仮想通貨が日々発表されています。
そこで注目を集めているのが、いわゆる「省エネ」を実現した仮想通貨です。

つまりその仮想通貨の信頼性を保ちつつ、保守作業に対してかかる電力がより少なくて済む仮想通貨の開発に注目が集まっています。
また、こういった省エネの技術はビットコインにも搭載される可能性があります。

そうなると、上記で挙げた電力不足の問題はクリアできるので、2020年以降もビットコインは存続できるということになります。
となると、ビットコインの将来性が大きく開けるためビットコインの長期的な価格変動にも少なからずプラスの影響を与えるものと思われます。

jp.techcrunch.com

今後のビットコインの対策は

いかがだったでしょうか 。

ビットコインは、最も有名な仮想通貨ですが、それでも消費電力問題をはじめ、解決すべきハードルは多くあります。
消費電力以外でいえば、「ブロック」のサイズについても課題があるといわれています。

なぜなら、ブロックのサイズは送金スピードに影響するからであり、今後ビットコインの取引が増えてくるならば、大量の情報を処理できるようにならなければなりません。
そのほか、法整備の問題もまだまだ途上にあるといえます。

利用者をどうやって保護するのか、このまま「自己責任」でよいのかということに加え、税金の制度をどのようにしていったらよいかということも、今後さらに議論されていくものと思われます。

このように、ビットコインには様々な課題がありますから、これらがどう解決されていくのか、ということは今後仮想通貨がドルや円などの法定通貨並みの信用を得られるかどうかを決定していくといえるでしょう。

ビットコインに関する情報は、日々新しくなっていますので常に最新のニュースをチェックし、この記事でご紹介した問題点がクリアされていくのか、ということに注目してみてください。