投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

NISA(ニーサ)の特徴からリスクまで紹介します!!

f:id:wave_fxtrade:20180115185104j:plain

テレビCMなどでもたまにNISAというものが紹介されていますので、NISAについてご存知の方は最近増えていることでしょう。
NISAを利用すれば税金がかからずに投資をすることができるため、特に投資初心者の方にとってお勧めの制度となっています。

この記事では、NISAの制度についてどのような制度なのか、という概要を簡単にご説明した後、お勧めのNISA口座についても具体的にご説明します。

NISAとは?

NISAとは「少額投資非課税制度」のことです。

個人が投資をして利益を出した場合には、その利益に対して通常かかる税金(20.315%)がかからないというものです。

NISAには、非課税となる「年間投資額」や「対象期間」、「対象年齢」などによって次の3種類に分かれます。
 
①NISA(一般NISA)

年間投資額120万円(従来の100万円から増額されました)までの範囲内で、最長5年間非課税になります。
つまり、120万円×5年分で最大600万円まで非課税投資が可能になります。
 
②つみたてNISA

年間投資額40万円までの範囲内で、最長20年間非課税になります。
つまり、40万円×20年分で最大800万円までの非課税投資が可能になるNISAの新制度です。

※①の一般NISAと、②のつみたてNISAはどちらか片方の選択となります。</p 

③ジュニアNISA

年間投資額80万円までの範囲内で、最長5年間非課税になります。
つまり、80万円×5年分で最大400万円まで非課税になります。
対象年齢は0歳から19歳までです。
 
この3種類はそれぞれ上記のように特徴がありますので、各人の毎年の投資金額や家族構成などに応じて、自分に合ったものを選択することができます。

www.americakabu.com

earningmoney.hatenablog.com

NISA口座の選び方

NISA口座は、銀行や証券会社に申し込めば開設することができます。
気を付けていただきたいのは、NISA口座は1人1口座までしか開設することはできないということです。

一応毎年NISA口座の銀行や証券会社を変更することは可能ですが、それでも優秀なところに口座を開設したいですよね。
そこで、ここではNISA口座の選び方についてご説明します。

NISA口座選びで要注意なポイントは3つあります。

1つは取扱商品です。

2つ目は手数料です。

3つ目は対面かネット証券会社か、ということです。
まず、取扱商品ですが銀行や証券会社によって購入することが可能な株式や投資信託が異なることがあります。
一般に、銀行の取り扱う商品はローリスクローリターン型であり、証券会社ではハイリスクハイリターンのものまで取り扱っています 。


次に手数料ですが、非常に重要な要素です。
先ほど「100万円の利益が出たらNISAならばすべて自分のものになる」と書きましたが、正確には手数料がマイナスされます。


つまり、手数料が割高のところにNISA口座を開設した場合、せっかく利益が出てもその利益は目減りしてしまうのです。
利益を出すためには、できるかぎり手数料は押さえることが重要になります。

※参考(一例):野村証券で50万円の株式を本支店で対面式で購入すると6,500円の手数料がかかります。


次に、対面とネット証券の違いについてです。
対面のNISA口座の場合には、株式や投資信託を購入したい場合、直接その銀行や証券会社に出向いて、担当の人と相談しながら購入することが可能です。

対面型の株式・投資信託購入は昔からある形態で、中には「対面のほうが安心だ」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その代わり手数料はネット証券と比べて高いという大きなデメリットがあります。
一方でネット証券は、ネットを通じてボタンのクリックによって簡単に株式や投資信託が購入できる証券会社のことを言います。
インターネットの広まりによって、ネット証券による取引は急激に広まっています。
広まっている理由は、ネットによって購入できるという手軽さに加えて、手数料が極めて安い、または無料のところもあるからです。

したがって、利益を出そうと考えているのであればネット証券にNISA口座を開設するのが合理的です。
ネット証券の中でもお勧めなのは、業界最大手であるSBI証券です。

NISA口座での取引手数料は恒久に0円となっており、当然ですが業界最高水準の取引コストとなっています。
また、業界最大手ということもあって取り扱いラインナップが2,460本(2017年12月19日調査)以上もありますので、自分の取ることができるリスクや、必要なリターンに応じて、最適なものを選ぶことが可能です。

さらに、株式市場が休みである夜間でも取引が可能であることや100円から投資信託の買い付けができるなどのSBIならではのサービスも充実しています。

参考リンク:https://site0.sbisec.co.jp/marble/nisa/top.do

okanenokozuchi.com

next.rikunabi.com

NISAで損そしてしまうリスクがある

NISAは「必ずもうかる」というものではありません。
例えば購入した株式や投資信託が値下がりしてしまった場合には、損失になってしまうこともあります。
損をしないためには、株式や投資信託についてしっかり勉強して、値上がりが期待できるものを選んで購入することが重要になります。

www.americakabu.com

www.americakabu.com

資産運用は慎重に考えましょう

いかがだったでしょうか
NISAは「税金」という大きなハードルを外してくれることで、これまで以上に投資を身近に感じることができる制度になるように設計されています。

しかし、NISAを行うという場合には、銘柄選びをすべて他人任せにするのではなく、自分で投資について勉強する姿勢を持つことが重要です。

投資は必ずもうかることが保証されているものではありませんが、一方で自分の判断と責任においてよい株式や投資信託を購入することができれば、銀行預金などよりもはるかに大きなリターンが期待できます。

そのためNISAで資産運用を始める方は、この機会に投資に対する基本的な考え方について学ばれて、どうすれば利益を出せるのかということを身に着けられることをお勧めします。

okanenokozuchi.com