投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

全固体電池に三菱・日産が投資!注目銘柄も紹介します!

f:id:wave_fxtrade:20180209180433j:plain


現在自動車業界では自動運転と並んで、EV自動車が大きなテーマとなっています。
その中で、三菱と日産がファンドを立ち上げ、全固体電池に投資をするということが発表されました。

この記事では、全固体電池とは何かという基礎知識についてまずご説明した後、全固体電池と株式投資の関係についても初心者の方に分かりやすくご紹介します。
また、記事の後半では有望な全固体電池関連の銘柄についても具体的にご説明します。

全固体電池とは?

電気自動車、いわゆるEV自動車はガソリンではなく電気によって動力を得ます。

そのため、EV自動車は電気をためておく電池を積む必要があるのですが、この電池のすべての部分が固体でできているもののことを「全固体電池」といいます。

一般に電池の内部は液体となっているのですが、液体のままですと液漏れのリスクがあり、また液漏れを防ぐためのカバーなどが必要になるため大型になるのを避けられません。

しかし、全固体電池ならば液漏れはそもそも起こりませんから安全性の面で優れています。

また、加えてより多くの電気を短時間で充電することができたり、電池自体の寿命を長くすることができるなどのメリットが指摘されています。

このように全固体電池は、EV自動車の普及と発展のために不可欠の技術であり、導入文で挙げた三菱や日産のほか、トヨタなども全固体電池の開発に力を入れています。

www.huffingtonpost.jp

全固体電池の関連株が高値になっている!

自動車業界の変革は、株式投資にも影響を与えています。

株式投資では、長い目で見て「社会を大きく変えそうだ」という銘柄に長期投資していくことが重要になるのですが、全固体電池(EV自動車関係)の関連銘柄は将来性でいっぱいです。

そのため次の見出しでご紹介する銘柄をはじめ、多くの全固体電池関連銘柄が値上がりしています。

まだまだ全固体電池は、実用化の段階には至っていませんので、今後の伸びがまだまだ期待できますので、全固体電池を開発している会社や投資をしている会社の株は購入する価値が十分にあるといえます。

人気の全固体電池の会社とは?

全固体電池で有名な会社を具体的に3社ほどご紹介しますので、ご参考ください。

  • トヨタ(7203)

日本の自動車業界を代表するメーカーです。

もともと日本の自動車メーカーは世界的に見ても優秀な技術者がそろっており、その中でもトヨタは今後のEV自動車時代をけん引していく可能性が高いでしょう。

トヨタは、2020年前半の時点で全固体電池の実用化を目指すと発表しており、すでに試作品が完成されているといいます。

トヨタは、大型株の一つであり日経平均株価と連動した値動きをすることでも知られていますが、昨今の株高により順調に上昇を続けています。

2018年2月8日時点の株価は、7500円前後です。

  • 京セラ(6971)

電子機器や情報機器を生産する国内大手企業ですが、全固体電池の開発にも力を入れています。

全固体電池の重要なパーツである「固体電解質層」の特許登録数の多さで、トヨタに次いで2番目に位置しています。

2018年2月8日時点の株価は、6350円前後であり、直近高値の8345円からは反落しています。

2月2日のニュースで通期の純利益予想を下方修正したことが主な下落理由でしょうが、長期的に見れば短期的な下落要因はよい買い場ともいえますので、押し目買いのチャンスといえるかもしれません。

  • 新東工業(6339)

「全固体電池を構成する層構造体の製造方法、製造装置及びその層構造体を備えた全固体電池」で特許取得済みでありながら、PBR(株価純資産倍率)が0.7倍と非常に割安圏にある銘柄です。

PBRは一般に1.0倍が一つの基準となり、これよりもPBRが低ければ「割安」と評価されます。
※あまりにもPBRが低い場合には「倒産危機」ともいえるため、注意が必要です。
企業自体の潜在能力は高いため、今後全固体電池が注目されるようになれば本来の価値まで株価が上昇してくることが期待できます。

2018年2月8日時点の株価は、1260円付近であり、直近高値の1559円と比較して20パーセントほど下落しています。

ちょうど執筆時点は、世界的に株価が下落したタイミングであり、投資家が過度に悲観的になっている可能性があることから、今のタイミングを狙って安値で拾っていきたいところです。

全固体電池によって自動車産業の未来が変わる

いかがだったでしょうか

自動車産業は、私たちの社会と密接な関係を持ってきましたが今後はさらなる変革が予想されています。

自動運転もそうですが、EV自動車も「環境にやさしく、かつ運転者も快適に運転できる」自動車として注目を集めています。

全固体電池はEV自動車の中核をなす部品であり、この開発が進んで実用化が実現すれば、EV自動車がさらに一層身近になることでしょう。

とはいえ、全固体電池はまだまだ開発段階です。

どのメーカーが覇権を握るのかはまだまだ予想の段階ですので、投資をする側としては、関連するニュースをしっかり調べたうえで有望な銘柄をできる限り安値で買っていきたいところです。