投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

今投資で狙うならEV(電気自動車)産業が良い理由!

f:id:wave_fxtrade:20180209183213j:plain


株式投資では、将来性のある銘柄に投資をすることが重要です。

この記事でご紹介する「EV自動車」は、自動運転と並んで自動車の将来を変えるものだといわれています。

この記事では、投資初心者の方でもわかりやすいように「なぜ、EV自動車が注目されているのか」という背景や、基礎知識などをご説明します。

EV自動車とは?

EV自動車は、日本語では「電気自動車」とも呼ばれます。
ガソリンではなく、電気でモーターを回して動力を得るのが特徴です。

これまで、自動車というと「排気ガスを出して環境に悪影響を与えてしまう」ものと考えられてきましたが、EV自動車はガソリンを一切燃やさないため、排気ガスを出しません。

そのため、環境にやさしい自動車だとして注目されています。
また、EV自動車の開発に当たっては、電気を充電しておく電池の開発が重要になります。

電気は、その性質上多くをためておくのが難しく、そのためガソリン車に比べてEV車は長距離を走行できないという弱点がありました。

しかし、この弱点も技術の発達に伴って解消されてきており、いよいよ後は「(電池を含めた)価格をガソリン車並みにすること」という点だけになりました。

もしもガソリン車と同じような感覚で、EV自動車を購入できるようになれば、いよいよ自動車業界は大きく変革していくと考えられます。

www.nikkei.com

EV産業が発展してきている理由とは?

EV産業は21世紀に入って急速に発展してきていますが、その背景には環境問題があります。

つまり、温室効果ガスとして知られる二酸化炭素の排出をできる限り減らさなければ、今後地球環境が大きく変化してしまうということです。

また、後の項目でご説明するようにEV産業は国からのバックアップが得られるということもあり、各国の自動車メーカーはEV自動車の開発を進めています。

特にEV産業が盛んなのは、電力供給が十分にあってEVを実用化できる環境にある、米国や日本などの先進国や、中国といった経済的発展が著しい国です。

例えば、米国自動車メーカーのテスラはすでに「テスラロードスター」をはじめ、EV自動車の実用化に成功しており、日本の自動車メーカーであるトヨタは2025年までには全車種をハイブリッドEV、または完全EV車に置き換えることを計画しています。

また、深刻な大気汚染問題が起こっている中国では、EV自動車に対する関心が強く「第2のテスラ」を目指して各自動車メーカーがEV自動車の普及を目指しています

このように、EV産業は「環境問題に関心があり、かつ電力供給が十分な国」で発展する余地が大きいといえます。

biz-journal.jp

自動車作りに国が制限をかけている

私たちの社会に大きなかかわりを持っている自動車ですが、今後は自動車作りに対して国がさらなる制限がかかってくることが予想されます。

実際、米国では2018年モデルの自動車からカリフォルニア州では、環境に配慮した設計の車(環境車)を一定割合販売する規制が強まっています。

また、欧州ではイギリスやフランスにおいてガソリン車の国内販売の打ち切りを発表するなど、世界で最も厳しい規制を行っています。

中国では、排気ガス規制の導入に加え、2020年までにEV・PHV/PHEVの累計販売台数が500万台まで積みあがるように目標を掲げています。

また、日本では経済産業省が「EV・PHVロードマップ」を発表し、2020年までに普及台数を最大で100万台とする目標を設定しています。

国の政策によってガソリンで走る車だけでなくEV(電気自動車)も数割か製造しなければいけない国など各国によって制限が設けられているという事を説明して下さい。

このようにEV産業の発展や、その必要性の問題は日本国内だけにとどまらず、全世界の関心事項となっています。

いずれの国も、今後の自動車業界の先頭に立てるようEV技術の研鑽に努めているといってよいでしょう。

電気自動車が普及でより便利に

いかがだったでしょうか。

自動車の技術は自動車の発明以来日々進化してきましたが、今度はその動力源がガソリンから電気に変わろうとしています。

EV自動車は環境にやさしいことに加えて、「振動がなく、静かである」「アクセルを踏んだらすぐに加速する(=レスポンスがよい)」「(ガソリン車と比べて)消耗品が少なく、維持費がとても安い」「ブレーキがほとんど減らない」などの、メリットがあるためオーナーや乗員の負担を軽減できます。

そのためEV自動車が普及することで、自動車社会のストレスやデメリットが減り、車に乗る人も周りの人もいずれも快適に過ごせるようになることが予想されます。

また、並行して自動運転も開発されているため、EVと組み合わせることで世の中はさらに便利で暮らしやすくなるでしょう。

したがって、近い将来の自動車業界をつくっていく技術であるEVについては、各社の開発に対する積極さや技術の蓄積度などを加味しながら、投資をしていく価値は十分にあると思われます。