投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

iDeCo(個人確定拠出年金)を始めて資産運用しよう!

f:id:wave_fxtrade:20180228141804j:plain


現役世代のうちから老後に備えての資産形成を考える時、iDeCo(個人確定拠出年金)は是非とも活用したい制度です。
iDeCoによる積立投資は、通常の投資に比べて様々な税制優遇を受けることができるために、将来の年金を自分で作るのに最適です。
老後に向けて資産にする元手がなくても、毎月コツコツと積立で投資が出来るので、初心者の方にも安心です。ここではiDeCoについてご紹介します。

◆iDeCoとは?

iDeCoは、英語でindividual-type Defined Contribution pension planと表記される個人確定拠出年金の略称です。
月々一定額を積み立てて投資資金とします。積み立てた金額を60歳以降に年金もしくは一時金として受け取ることが出来る制度です。


元々は一部の福利厚生が手厚い大企業の従業員のみに提供されていた確定供出年金制度DCのみが用意されていましたが、会社員・フリーランス問わず個人も利用できるように制度が拡充されて多くの人に広まっています。


現役世代のうちから将来年金受給時に受給できる金額を増やすことができる制度として、将来不安を取り除くのに一役買っています。

iDeCoのメリット・デメリット

◇メリット
iDeCoの最大のメリットは、節税効果により確実に収益を上げることができることです。
iDeCoによる税制優遇は以下の3種類に分けることができます。
実際どれだけ節税効果を得られるのか、モデルケースについてシミュレーションをしてみます。

30歳、年収600万円で、企業型確定拠出年金の制度がない会社員をモデルとして、どれほどの節税効果がそれぞれ得られるのでしょうか。


①.積立金の全額が所得控除の対象になる
積立金は全て所得控除を受けることができます。 モデルケースの場合には月々最大23000円まで掛金として拠出することができます。

この時、年間で55200円節税することができます。これが年金受給の開始日を60歳とすると、30歳からの30年間で確実に1,656,000円税金として支払う必要がなく、自らの資産にすることができます。これが、iDeCoが確実に儲かると言われている所以です。


②. 積立金の運用益が非課税になる
通常を株式投資などで収益が上がった場合には、上がった収益に対して所得税15.315%、住民税5%合計で20.315%の税金を納める必要があります。
しかしながらiDeCoでの積立金による運用益には課税されません。

モデルケースの場合で運用利率3%を実現できた場合には、30年間で1,024,590円確実に収益にすることができます。
同様に運用益に対して非課税枠があるのがNISAや積立NISAがあります。


③.受給時には年金控除を活用することができる
iDeCoで受給される金額は年金控除として税制優遇を受けることができます。
以上を踏まえると、30年間で年金を受け取る時に積み上がっている資産の金額は、13,402,948円となっています。その内訳として、積立金が 8,280,000円・運用益が5,122,948円となっています。
(参考:http://www.jis-t.kojingata-portal.com/about/setsuzei.html

okanenokozuchi.com


◇デメリット
①.手数料などのコストが掛かるという事を説明して下さい。
iDeCoの口座維持には、口座管理手数料がかかります。

これは一律で480円かかるので、積立金が1万円の場合には口座管理手数料が4.8%ということになり、非常に高額であると言えるでしょう。
運用商品自体にも運用手数料がかかります。商品選びにおいて手数料は注意が必要です。

②.すぐに現金を引き出せない
年金制度であることから積み立てたお金は60歳になるまで引き出すことができません。
とはいえ、積立停止の手続きすることができるので足元の生活を苦しめにくいので、積極的に利用しましょう。

www.americakabu.com

iDeCoの選び方について

iDeCoには、元本確保と元本変動の2種類が存在します。
積み立てた金額が保証される元本確保型の商品としては、定期預金や生命保険などがあります。
元本確保型の商品を選べば、積立金が受給金を下回ることはありませんが、適用金利も小さいのでiDeCoで運用するメリットは小さいと言えるでしょう。


何より銀行に定期預金をする場合には手数料はかからないのにも関わらず、iDeCoで定期預金をしてしまうと先に述べた口座管理手数料などがかかってしまいます。
従ってiDeCoで定期預金を選ぶのは非合理的であると言えます。


一方で、元本変動型の商品は投資信託がメインです。元本は保証されませんが、受給金が成長する可能性も秘めています。
iDeCoは税制優遇により大幅にリスクが取り除かれています。従って元本変動型の商品を購入してハイリターンを狙うことが良いでしょう。


また、iDeCoの口座を開設する証券会社には、手数料が低く、手数料の低いインデックスファンドを扱っているところを選ぶようにしましょう。

SBI 証券や楽天証券などは、この条件を満たしているためにまずはこの二つの証券会社から検討を始めることをお勧めします。

okanenokozuchi.com

資産運用には適しているのか?

老後を見据えて資産形成をする上で、iDeCoは最初に検討する必要がある制度です。
運用益非課税の制度としてNISAなどがありますが、積立金の所得控除はiDeCoでのみ受けることが出来ます。


まだ若く大きな資産がない人や毎月積み立てられるが少額しか取れない人は、まずはiDeCoの枠を利用して資産形成をするのが最も適していると言います。

earningmoney.hatenablog.com