投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

パッシブファンドとアクティブファンドのどちらが買いなの?

f:id:wave_fxtrade:20180330144415j:plain

日銀のマイナス金利政策により、銀行預金よりも投資に資金を集中させた方が資産形成の上で有利である風潮が続いています。
投資におけるリスク低減の手法である分散投資を手軽に実現できる金融商品として、投資信託の人気が高まっています。

投資信託は、その投資方針からアクティブファンドとパッシブファンドに大別することができます。
アクティブファンドはパッシブファンドに比べて高い想定利回りが設定されているために、少しでも高い収益を求める投資家にとっては魅力的に見える商品です。

それではアクティブファンドとパッシブファンドではどちらが買いなのでしょうか。ここではそれぞれの商品についてご紹介します。

◆パッシブファンドとアクティブファンド

◇パッシブファンドとは
一般的に投資信託と言われて代表的なものはパッシブファンドです。パッシブファンドは、 市場平均を運用の目標値として目印であるベンチマークとし、 日経平均株価やS&Pなどの経済指標に連動する利回りを目指して運用が図られるファンドです。

経済指標に連動させるために、このファンドのファンドマネージャーは経済指標に大きな影響を与える株式などを一揃い購入しファンドに組み込みます。

いわば市場のミニチュア版を作っていると言えます。 従ってパッシブファンドは、正常に運用されれば市場平均と同程度の利回りを得ることができます。

 
◇パッシブファンドのメリット


1)圧倒的な低コスト

パッシブファンドは、経済指標に連動させるために、経済指標を構成する代表的な株式を一揃いまるごとを購入してファンドに組み込んでいます。

従ってファンドマネージャーは経済指標に連動するよう機械的にファンド内の株式を組み替えていくのが仕事になります。

ここにかかるコストは非常に小さいです。従って低い手数料で投資家に販売することができ、それが投資家にとって最大の魅力です。

投資信託において収益を上げることを考えた時に、最も重要視するべきはその手数料の低さです。手数料は投資信託を保有していると、毎日かかります。

加えて、どんなに運用成績が悪かったとしても確実に投資家の資産を目減りさせます。 パッシブファンドが多くの投資家に支持されている理由はこの圧倒的な低コストにあると言えるでしょう。
 
2)市場平均と同程度の利回りを得ることができる

パッシブファンド更なる魅力は、市場平均と同じ程度ですが確実に収益を上げることができるです。パッシブファンドは市場の株式を取り込み、市場のミニチュアです。

そしてどんなに世界的な恐慌が起きようとも、長く運用期間を持つことができれば、その価格の上下は平均的な値に収束します。

 その上、過去30年の世界中の経済指標はどの国を見渡してみても右肩上がりに成長しています。長期での運用を考えるならば、着実に利益が上がるパッシブファンドを選択することが合理的であると言えます。

missionmikke.com


◇パッシブファンドのデメリット

利回りはそこそこ
金融商品においてリスクとリターンは表裏一体です。

分散投資が効いているため、単一銘柄の暴落によってリターンが急激に損なわれるリスクからは解放されるものの、 大きく銘柄の値段が上がったとしてもそれを効率的に享受できないのです。

高い利回りを求める投資家にとっては、この点でパッシブファンドは魅力的でないと言えるでしょう。

missionmikke.com


◇アクティブファンドとは

アクティブファンドは、パッシブファンドと違って、市場平均以上の利回りを目指して投資が行われるファンドです。

ファンドマネージャーは、独自の手法や高い情報力を用いた株式の入れ替えなどで他のファンドよりも高い成績を目指すべく、積極的にファンドの組み入れ銘柄を変更します。

◇アクティブファンドのメリット

パッシブファンドよりも高い利回り

アクティブファンドが投資家にとって魅力的なのは、パッシブファンドよりも高い利回りを得ることができるからです。

アクティブファンドでは、パッシブファンドほど分散を聞かせて株式を購入しません。ファンドマネージャーが、独自の選定基準で選択した株式ファンドに組み入れ集中投資することで利回りを追求します。

それでも投資信託であることには変わりないのですから、 個別株投資家 FX などよりはリスクが抑えられているにもまた事実です。

 

◇アクティブファンドのデメリット

高コスト
多くの投資家がアクティブファンドを選択しない最大の理由は、高コストである点です。
ファンドマネージャーの判断で利回りを追求すべく頻繁に組み入れ銘柄の入れ替えをするのですから、 その度に売買の手数料がかさみます。

 

せっかく高い利回りを手に入れられたとしても、そこに至るまでに多くの手数料がかかっているようでは意味がありません。

むしろ利回りが得られない場合には、投資家は多額の損失を被ることになります。投資家が収益をあげられない最大の要因は高すぎる手数料です。

 

www.fx2ch.net

◆初心者にとってはパッシブファンドがおすすめ

それでは結局どちらのファンドを選べば良いのでしょうか。

すでに投資経験が豊富で、ファンドの選び方に関しても眼力を培っている人は、己の判断基準を信じてアクティブファンドに投資し高い収益を目指しても良いかもしれません。

しかしながらどのファンドが利回りを出してくれるか、判断に迷う投資の初心者の方はパッシブファンドから投資を始めることをお勧めします。

コストが低いという点で収益をあげやすいのは言うまでもありませんが、どんなに投資経験を積んだとしても確実に収益をあげられるアクティブファンドを選ぶことは非常に難しいのです。

 

加えて過去示してきたファンド実績は、そのまま未来の実績と直結しません。アクティブファンドが想定利回り通り、収益をあげ続ける合理的な保証はどこにもないのです。

これらより、投資の初心者ほどパッシブファンドを選択し、投資信託に関する経験を積んで行くことをお勧めします。

missionmikke.com