投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

仮想通貨のICO(プレセール)で安く仮想通貨を買ってみよう!

f:id:wave_fxtrade:20180411124237j:plain


仮想通貨は2017年に一大ブームとなりました。
しかし、ビットコインなどの有名な仮想通貨の価格はすでに十分高騰しており「今から買うには高すぎる」という見方も十分にできます。
そこで、この記事ではややリスクが高いですが「ICO」というイベントを利用して仮想通貨を安く買う方法について具体的にご説明します。

ICOとは

仮想通貨は開発が終わるとICO(イニシャルコインオファリング)といって、その仮想通貨を公表して買い手を募るということを行います。
 
ちょうど株式のIPO(新規上場株式)に似ており、ICOは仮想通貨の新規公開ということもできます。
ICOにおいては、応募すれば特定の価格 で仮想通貨を購入することができます。
そして一度購入した仮想通貨は、その後取引所に上場して売買が可能になるまで、基本的に売却することはできません。
 
※例:イーサリアムのICO(第1期)の場合には1イーサリアム=約24円など
 
そのためICOにおいては「ICO価格よりも、取引所上場後の価格のほうが高くなり、上昇する見込みがある」かどうかを見極めることが重要になります。
一方でICOを行う側からしてみると、ICOは仮想通貨を使った資金調達の場でもあります。
 
そのため、何かプロジェクトを達成したい起業家や会社の経営者 の場合には仮想通貨のICOを通じて資金を集めるということも行われます。
 
このように株式の世界のIPOとよく似ていますが、相違点もあります。
例えば株式の場合には配当や株主総会での投票権などがありますが、仮想通貨の場合には特にこういったものはつけなくてもよいことになっています。
 
また、株式のIPOの場合には上場するために取引所の厳しい審査に通過する必要がありますが、ICOの場合には非常に簡単に行うことが可能です。
そのため、より多様な人々が資金を調達できる反面、詐欺的なICOも行われる可能性があり、ICOは一長一短だといえます。
 

bitme.site

過去の成功したICO

過去のICOで最も成功した例といえば、現在時価総額2位のイーサリアムでしょう。
このイーサリアムは2014年にICOが行われ、数十円で1イーサリアムを購入することができました。
 
※厳密にはイーサリアムのICOは1期から4期まで4回に分けて行われています。
 
そしてその後イーサリアムはめきめきと頭角を現し、2017年には一時20万円に迫る価格まで上昇し、現在(2018年4月9日執筆時点)においても4万円以上の値段をつけています。
 
このイーサリアムのICOには、ホリエモンこと堀江貴文氏も目を付けていたことで有名 であり、もしもイーサリアムをICOの時点で購入して保有し続けている場合には、最大で1万倍、現在でも1,000倍以上の値上がりになったことになります。
 
イーサリアムがこれほどまでに値上がりしたのは、イーサリアムの「スマートコントラクト」という、仮想通貨のブロックチェーンという仕組みの可能性を高める技術によるものです。
堀江氏は、イーサリアムのスペックを見て、イーサリアムが仮想通貨の未来を変えると見抜いていたため、プレセールの時点で投資を行いました。
 
現在では、このイーサリアムの仕組みを利用するなどして様々なICOが行われています。
その際に、参考にするとよいのがICOのまとめ・考察サイトです。
 
以下に、世界的に知名度のあるサイトをいくつかご紹介します。
 
参考;「ICO Bench」(5項目でICOが評価付けされています)
URL: https://icobench.com/
 
参考:「ICO HOLDER」(6項目で独自の評価をしています)
URL:https://icoholder.com/
 
参考;「TOP ICO LIST」(各ICOの特徴をわかりやすくまとめています)
URL:https://topicolist.com/
 

gigazine.net

ICOの注意点~詐欺に注意~

このように非常に夢があるICOですが、当然注意点もあります。
上記でも少し触れましたが、ICOに対する投資家保護の法整備はまだ十分整っているとはとても言えません。
 
それは反面で、ICOを行うハードルを緩和して多様なICOを行える素地ともなっているのですが、他方で規制がないのをいいことに実体のないプロジェクトをでっちあげて投資家からお金をだまし取ろうと考える詐欺案件もあります。
 
本当に価値のあるプロジェクトと詐欺案件とを見分けるためには、その仮想通貨の詳細についてよく調べることが重要です。
 
特に「ロードマップ(その仮想通貨の今後の開発方針を示したもの)」「ホワイトペーパー(その仮想通貨において実現したいことなどをまとめた仕様書)」 といったものは、その仮想通貨のスペックや今後の展望を示すので非常に重要です。
 
また、開発陣にちゃんとした実態があるのかということについても調べておくとよいでしょう。
仮に詐欺でなくてもそのICO案件に価値が認められなかったために、ICO後に価格が下がってしまい、結果的に損をしてしまうということも十分あります。
 
そのため、ICOで仮想通貨を購入しても、その後の価格の動きにはしっかりと注意を払い、売り時を逃さないことも重要です。

ryuji12345.whdnews.com


 

www.itmedia.co.jp

ICO投資はハイリターンだがハイリスク

いかがだったでしょうか。
 
この記事でICOについて知って「ICOに投資をしてみたい!」と思った方もいらっしゃるでしょうが、その場合にはICO投資は完全な自己責任であり、またハイリスクハイリターンな投資であるということを忘れないでください。
 
全般的に仮想通貨はリスクが高いですが、それでも取引所に上場されている仮想通貨の場合には、(取引所にもよりますが)それなりの信頼性を獲得しています。
 
しかし、ICOの場合にはまだ海のものとも山のものとも知れない仮想通貨であり、その仮想通貨に価値があるかどうかを見極めるには、しっかりとした判断力やロードマップ・ホワイトペーパーを読める英語力が必要になります。
 
そのため、初心者の方はいきなりICOにチャレンジするよりかは、すでに上場されているアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に投資をしてみて、情報収集の練習をしてから、ICO案件を見てみることをお勧めします。 

coinandpeace.hatenablog.com