投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

株や仮想通貨の「イナゴタワー」に気を付けよう!

f:id:wave_fxtrade:20180411145542j:plain


株や仮想通貨取引をしても必ずもうかるわけではありません。
それどころか、思わぬ「高値掴み」をしてしまったり「底値売り」などをしてしまい、大きな損失につながってしまうことも稀ではありません。
ところで、大きな損失につながる原因としてしばしば「イナゴタワー」が挙げられます。
要するに、バブル的な状況に(遅く)飛びついてしまうことによって損失につながってしまうというものですが、この記事ではイナゴタワーの基本的な意味から、それをもとにした注意点まで、具体的にご説明します。

イナゴタワーとは?

「イナゴ」とは、もともとは稲などの農作物に飛びついて食い荒らしていってしまう、虫のことを言います。
 
これが転じて、株式相場や仮想通貨などで特定の銘柄に飛びついて価格を高騰させる投資家のことを「イナゴ投資家」という風に言います。


価格が高騰する、というのは良いことのように思えますが、とりわけ株価の場合「本来の適正価値」を超えて価格が高騰してしまった場合、その価格は実態を反映していないということになります。
 
そのような状況は「バブル」と呼ばれ、バブルはいずれ崩壊して暴落することにつながります。
 
しかも、価格が暴落してしまった場合には多くの含み損を抱えた投資家を続出させてしまうということです。 彼らは、価格が少しでも上昇すると売りたいという衝動に駆られるため、全体として価格上昇を抑え、バブル崩壊後の価格を抑える力となってしまいます。 

したがって、株式相場でも仮想通貨相場でも「イナゴ」は忌避される傾向にあります。 「イナゴタワー」とは、イナゴ投資家が群がって価格が高騰し、その後価格が暴落したことによってチャート上にタワーのようなものが現れることを指します。
一般に、イナゴタワーが完成するとその後価格が上昇する可能性は小さくなります。

medium.com

イナゴの種類

「イナゴ投資家」には反応の速さや学習の度合いによっていくつかに分類されます。


例えば最も反応が速い「高速イナゴ」は、なぜ価格が上昇しているのかということも確認せずに一刻も早く買いに走ります。 

それ以外にも多少調べてから行動したり、行動が遅すぎるものや、イナゴタワーの頂点で買いを入れる(要するに高値掴み)イナゴ投資家も存在します。
また、イナゴ投資家に価格が高騰しうる情報を与えてイナゴタワーをあおる「殿様イナゴ」というものもいます。 
重要なのは、もちろんこのイナゴの名前を覚えることではありません。 むしろ「なぜこのように同じイナゴでも様々な種類がいるのか」ということを考えることのほうが重要です。
 
つまり、投資家にはそれぞれ能力や行動のスピードに違いがあり、また情報を流す人と情報に踊らされる人、またそれを利用する人など様々な人が存在することを、イナゴタワーによって知るべきです。
 

www.shisanunyou-toushi.tokyo

イナゴタワーで損しないためには

イナゴタワーで損をしない方法は2つあります

1つは、イナゴタワーには極力かかわらないことです。
つまり、順調に押し目と上昇を繰り返している銘柄にのみ投資をして、急騰する銘柄に対する投資は控えるというスタイルです。
しかし、このやり方は一見盤石のように思えても「本当に内容があって上昇している銘柄」を見逃してしまうという、視野の狭さも併せ持っています。
反対に、イナゴタワーに対しては自分も「イナゴ」になって積極的にチャレンジするというやり方もあります。
この場合には、できる限り情報を早く見極めて早い段階で行動する能力が必要になります。
 
またイナゴタワーに投資をする場合には「欲張らないこと」も重要です。 通常イナゴタワーは長続きしません。
内容がないため、誰かが売り始めるとすぐに価格が急落してしまいますそのため、チャートだけではなく板や歩み値などの情報から、現在の相場のセンチメント(強気か弱気か)が転換していないかどうかを見極める必要があります。
具体的にはイナゴタワーにおける「頂点」を見極めるために、出来高急増に対しては大きな警戒が必要です。 
 
一般的に「バイイングクライマックス」という、激しい買いの最後の局面では出来高が大きく急増し、価格もひときわ大きく上昇します。
また「神風イナゴ」投資家が、大規模な買いを入れていることが確認出来たら高確率で相場が反転するので気を付けましょう。 
 
いずれにせよ、株式相場や仮想通貨相場で利益を上げるためには、あまりノウハウや用語に固執にするのではなく、相場の勉強と経験をしっかり行って自分のスキルを高めていくしかありません。
そのうえでイナゴタワーの検証をしてみるというのは、良い勉強になることでしょう。
kabumatome.doorblog.jp
 

落ち着いて冷静に取引をしよう

いかがだったでしょうか
投資でうまくいくためには、途中で起こる様々な「サプライズ(異常事態)」に対しても冷静に対応していく必要があります。


イナゴタワーもその一つであり、安易に情報に踊らされないのと同時に、情報を少しでも早く入手して正確に判断して行動するように心がけておかなくてはなりません。


したがって、結論としては常に冷静さを保って取引をする、ということにつきます。
自分自身のトレードスタイルやリスク許容度などを今一度見直して、イナゴタワーが登場したら自分はどうするか、ということを今のうちに考えておきましょう。