投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

FX上級者もメリットがある複数口座開設3つのポイント

f:id:wave_fxtrade:20180413145601j:plain

FX取引用の口座はいくつ開設しているでしょうか?長く取引している人であってもメイン口座のみで取引している人もいると思います。
ただ、口座を複数持つことで手数料の安い口座で取引できる点や、様々な為替情報を収集できるなどメリットが多いため、複数口座開設のポイントについて説明したいと思います。

■FX会社それぞれにメリットがある

口座開設はどのような観点で、FX会社を選択しているでしょうか?
口座開設後にキャッシュバックキャンペーンを行っている会社があります。

 

<YJFX>
具体的には【YJFX】社では、100万通貨で2000円、最大1500万通貨で27000円のキャッシュバックを実施しています。
※1万通貨分をFXでドル円購入すると、約5万円相当の金額(現在のレート)となります。

fund.yjfx.jp

<外為ドットコム>
また【外為ドットコム】社では、1000lot新規購入分から3000円キャッシュバック。
またMAXで、50000lot購入で、100000円キャッシュバックなど会社によって様々な幅を設定しています。
※lotとはFXを購入する単位となります。FX会社によって1lotでどの通貨単位を購入できるのかが変わります 
 
FXを始める初心者の方は、なかなか100万通貨を新規口座開設時に取引するのは難しいかもしれません。
ただ、資金に余裕がある方の場合にはよりキャッシュバックの幅が大きい方が、貰える金額が多くなるのでよりメリットが大きくなります。

fx-toha.com

■複数口座開設はリスクヘッジ?意外に開設時間ロスも少ない

各会社のキャッシュバックについて説明しました。ただ、口座開設された人の中で複数口座を持っていない人もいるでしょう。
そのような場合、複数口座を開設する必要を感じていないと思いますので、複数口座を開設することでメリットとリスクヘッジについて説明していきます。
まずは支出についてですが、FXを行う上での支出の1つにスプレッド(手数料)があります。手数料が安いに越したことはないのは当然ですね。
 
ただ、手数料は変動する場合もあり、自分の取引会社より、他社の手数料が安くなってしまう場合もあります。
また、高金利通貨を購入している人であれば、スワップポイントも各社で変動しますので、自分がトルコ、南アフリカランドなどの高金利通貨を購入するのか、それとも先進国であるユーロ、ドルなどで手数料の低さを重視するなど。
 
どの通貨を購入するのか?をよく検討し、自分に合った会社の口座開設をする必要があります。定期的にFX会社のWEBページを確認することで、手数料の金額変更などは確認することが可能です。
 
そこで、口座開設をこれから行う人であれば、複数開設することに煩わしさを感じる人もいるでしょう。まず、口座開設に掛かる時間は手元に口座情報が届くまで約1週間で完了します。
 
短縮の理由としては、開設に必要な「マイナンバー」「身分証」などの提示も、全てWEB上で完了することができるようになった点が大きいです。口座開設の書類が届けば、入金して取引できるようになります。
 
2018年度のアメリカは金利上昇している中でも、GDP2.50%と経済が強い状況なので、過去のリーマンショックのような金融危年を迎えるリスクは小さいです。
ただいつ大きな為替変動が起きるか誰も判断できません。豊富な資金を持っている会社であっても、突如取引ができなくなるリスクも存在します。そのような場合を想定する意味でも、複数口座を持つことでリスク回避をすることが可能です。
 

www.wakatta-blog.com

■最小取引数量や様々な情報収集などの恩恵もある

 先ほどは複数口座を持つことで、手間をあまり掛けず口座開設できる点や、リスク回避ができるというポイントについて説明しました
 
上記以外にも複数口座を持つことでのメリットがあります。
その1つに最小取引数量の違いがあります。FX取引している人の中で、最小取引数量が1万通貨単位の会社で契約している人もいるでしょう。
 
実際に、【GMOクリック証券】などでは現在も最小1万通貨取引になっています。
資金が潤沢にある人であれば、最小取引数量を気にする必要はないかもしれません。
 
ただ、新しい通貨に投資したいが、少ない投資額に抑えたい。
などの要望があった場合、最小取引数量が小さいFX会社に口座を持つことで、より詳細に注文を行うことができます。
 
具体的に最小単位は1000通貨単位や1通貨単位で取引できる会社も出てきました。先ほどキャッシュバックの際に説明しました、【外為ドットコム】では1000通貨単位。【SBI FXトレード】では1通貨単位から取引数量を調整できるなど、選択できるバリエーションが増えてきています。
 
また、各社それぞれ情報発信の手法も多様化しています。
 
例えば、外為オンラインでは為替情報として、「FX WAVE」「Market Win24」「ロイター」など複数社の情報が参照できます。
他社では、どれか1社のみしか参照できないケースもありますので、為替情報を収集したいのであれば有利です。
 
また、「外為ドットコム」では為替取引のプロが毎週1回の決められた時間に動画がアップされます。
またアメリカの雇用統計などの重要指標が出る際には、結果予想や今後どのような動きを行うなど、タイムリーな情報を会員になることで無料閲覧することができます。
 
口座開設する前に各社WEBページを参照することで、開設後にどのようなサービスを受けることができるのか調べることができます。
事前に確認した後に自分に合った会社を探してみては如何でしょう?

■複数口座を開設するのにデメリットなし

・口座開設には費用が掛からず、手間も時間もあまり掛からな
・手数料、スワップポイント、情報収集などの各社の違いがある
 
上記について説明してきました。
会社選びと口座開設申請時には時間が多少掛かりますが、取引量が多くなると、必然的に手数料が上がりスワップポイントも収益に直結してきます。
手数料は約定したタイミングで損益に換算されてしまうので、あまり意識されていない方もいますので、今一度見直し頂くことをおすすめします。

www.gamezinsei.com