投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

仮想通貨の半減期を活用して上昇相場に乗ろう!

f:id:wave_fxtrade:20180420133545j:plain

仮想通貨は株式投資やFX投資と比較して「ハードが高い」と思う人も多いようです。
その背景には、仮想通貨が実体のないインターネット上のデータであることや、「ブロックチェーン」「ハードフォーク」などの専門用語が多いということがあると考えられます。
そこでこの記事ではあまり耳にしない「(仮想通貨の)半減期」についてご説明します。
仮想通貨の半減期は、仮想通貨の価格に影響する重要なイベントであり、その存在や意味居ついて知っておくことで、取引において利益を上げるチャンスを増やすことができます。

♦仮想通貨の価値の決まり方

「半減期」についてご説明する前に、そもそも仮想通貨の価格はどのようにして決まるのか、ということについて簡単にご説明します。
「仮想通貨」は、一部の例外を除いて「非中央集権型」であるといわれています。
 
つまりその価値を保証したり通貨発行権限を持つ中央機関がなく、利用者相互で価値を承認しあっている、というものです。
 
そうであるからこそ(中央機関が信頼できない国では)「安全な通貨である」ともいえますし、また同じく(中央機関が信頼を得ている日本のような国では)「よくわからない通貨で不安だ」という意見も出てくるのです。
 
ただ、今までビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨の場合には、これまで常に一定の支持を得てきており、したがってこれらには「価値」「価格」があると考えられています。
ところで、仮想通貨にはその理論価格を計算できる方法がいまだ存在しません。
 
まだ、仮想通貨自体が金融商品として登場して間もないということもありますが、実際に仮想通貨を使用する経済がまだ出来上がっていないのが主な理由です。
株式投資の場合には、PER(株価収益率)FX投資の場合には購買力平価レートなどの「一応の」指標は存在しますが、仮想通貨の場合にはそれすらありません。
 
しかし、確かなことは「仮想通貨を買いたいと思う人」と「仮想通貨を売りたいと思う人」がそれぞれ価格を出し合って売買を成立させているということであり、その意味においての「均衡価格」は存在しています。
 
つまり、仮想通貨の価格は今現在仮想通貨を取引している人の「気持ち」や「将来への見通し」によって決まるといえます。

coincheck.blog.fc2.com


 ♦「半減期」とは


「半減期」とは、もともとは化学用語であり、放射性同位体の半分が別のものに変化するまでの期間を意味しますが、それが転じて仮想通貨では「仮想通貨のマイニング報酬が半減する時期」のことを意味するようになっています。
 
そもそも、仮想通貨はその新規発行方法が厳密に決められており、たとえばビットコインの場合には「プルーフオブワーク」、イーサリアムの場合には「プルーフオブステーク(予定)」などと呼ばれるマイニング方法によって、新規に仮想通貨が発行されるようになっています。
 
※プルーフオブワーク:コンピュータの計算能力を競い、計算力の高いパソコンに報酬が与えられる方式。
※プルーフオブステーク:仮想通貨の保有量に応じて、報酬が与えられる方式。
 
しかし、このマイニング報酬は常に一定というわけではなく、ビットコインを含むほとんどの仮想通貨では一定期間が経過すると徐々に減少していくように設定されています。
 
このマイニング報酬が減少するタイミングのことを「半減期」といい、仮想通貨の価格が上昇する(といわれている)一大イベントとなっています。
 
なお「半減期」という用語は、もともとはその名の通り「半減する期間」のことを意味しますが、仮想通貨の半減期の場合、必ずしもマイニング報酬がぴったり「半減」するともいえません。
あくまで「今までよりもマイニング報酬が減少する」ということを示すというある種の幅を持った用語であるということは理解しておきましょう。
 

radiation.shotada.com
btcnews.jp

♦半減期が価格に与える影響

半減期が仮想通貨の価格に影響を与える理由は「その仮想通貨の希少価値が上昇する」からです。
もちろん「価値」があると認められている仮想通貨限定の話になりますが、その有用性が認められている仮想通貨は皆が「欲しい」と思います。
 
ところで、中学校や高校などで「価格は需要と供給によって決まる」ということを習ったでしょうが、需要がある仮想通貨で、もしも供給量が減少した場合にはどうなるでしょうか。
 
もちろん、価格は上昇します。
また、仮想通貨の新規発行は出回る仮想通貨の数を増やし「インフレ」方向に作用します。
半減期によるマイニング法主の減少はこのインフレの度合い、つまりインフレ率を低下させるということであり、要するにデフレ方向の力がかかるということです。
 
つまり、半減期は仮想通貨の価値が減少するのを防ぐための一つの方策だといえます。
出来高も増加し、値動きも活発になるのでうまく取引をすれば大きな利益を上げることができるかもしれません。
 

btcnews.jp
japan.cnet.com

♦ニュースを見てうまく判断しましょう

いかがだったでしょうか。
仮想通貨の場合には、ニュースの収集や判断がとても重要になります。
投資は自己責任ですから、ニュースについて「知らなかった」「理解できなかった」としてもそれは自分のせいということになります。
ですから、仮想通貨の半減期についてもこの記事を足掛かりにしっかりとした理解を持ち、誤ったイメージを持たないようにすることがとても重要になります。