投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

仮想通貨をウォレットに移動して安全に資産を保管しよう!

f:id:wave_fxtrade:20180507120024j:plain

以前は一部のマニアックな人々の間で取引されてきた仮想通貨も、2017年以降は非常にメジャーなものとして、投資商品の仲間入りを果たしつつあります。
しかし、仮想通貨は「インターネット上のお金(データ)」であるということもあり、その管理は株式やFXのポジションと比較して、気を付けなければならない点が多いのも事実です。
この記事では、仮想通貨投資のビギナーの方を念頭に、仮想通貨を保管するために必要な「ウォレット」というものの必要性や、種類、選び方についてわかりやすくご説明します。

仮想通貨ウォレットの必要性

ウォレットというのは、直訳すると「財布」「(銀行)口座」のことを意味します。

考えてみれば、日本円やアメリカドルなどのキャッシュ(現金)も、これら「ウォレット」に保管して持ち歩いたり、利用したりしています。

しかし仮想通貨のウォレットが初心者の方にとっつきにくいのは、おそらく仮想通貨は日本円やアメリカドルなどのように「紙幣や貨幣」などの実体がなく、そもそも「どこに存在しているのかもよくわからない」ということからでしょう。

確かに専門的な技術は複雑ですが、ビギナーの方はそこに深入りするというよりはむしろ、ウォレットを実際に利用して仮想通貨の送受信をしてみるのが一番仮想通貨やウォレットの存在を体感できるでしょう。

markethack.net
jp.reuters.com

取引所もウォレットの一種

意外と見過ごされていますが、取引所に仮想通貨を保管しておくのも、「取引所というウォレットを利用している」ことになるのです。

というのは、取引所もまた顧客が購入したり送信した仮想通貨を保管するための場所を用意しておく必要があるからです。

このように、ビットフライヤーやZaifなどの取引所に仮想通貨を預ける人は結構多く、ビギナーの方の中にはそもそも(取引所の)ウォレットに預けているという実感すら持っていない人もいます。

ただ、取引所のウォレットといっても絶対的に安心というわけではありません。
例えば2018年1月にハッキング事件が起こってしまったコインチェックなどは、セキュリティ管理体制や顧客資産管理がずさんであったことが判明しています。

ですから人によっては、取引所ですぐに取引をする必要のない仮想通貨は取引所の外の自分のウォレットに保管したいという場合も十分にあります。

こうした取引所の外のウォレットのことを「非取引所系ウォレット」ということもあります。
※非取引所系ウォレットは以下のように「ウェブウォレット」のように個別の名称で呼ばれることもあります。

非取引所系ウォレットの種類

非取引所系ウォレットは、大別してインターネットにつながっているウォレットと、インターネットから遮断されたウォレットとがあります。

まず、インターネットとつながっているウォレットとしては「ウェブウォレット」「デスクトップウォレット」「モバイルウォレット」などがあります。

特にデスクトップウォレットは、その仮想通貨の開発元が力を入れて開発していることもあり、バリエーションや機能が豊かであることが多いです。
※具体的にはほぼすべての仮想通貨にデスクトップウォレットが対応しているほか、対応OS、デバイスもPC、スマホなど数多く、またマイニング機能も備わっています。

一方でウェブウォレットは、ウェブサービスに仮想通貨を預けるものであり、IDとパスワードさえ保管しておけば、どの端末でも簡単に仮想通貨にアクセスできるのが魅力です。


また、モバイルウォレットはその名の通りスマホのアプリに仮想通貨を送信するというものであり、携帯性に優れ、また仮想通貨に対応している店舗で実際の買い物の決済を行うことも可能です。


ただし、これらインターネットにつながっているウォレットは常にハッキングのリスクがあるため、長期的な保管には必ずしも向かない、ということは押さえておきましょう。

一方で、インターネットにつながっていないウォレットとしては「ハードウェアウォレット」や「ペーパーウォレット」などがあります。

ハードウェアウォレットでは、ウォレット専用のハードウェアを専門店などで購入し、そこに仮想通貨を送信して保管します。
一方で、ペーパーウォレットはその名の通り、紙に仮想通貨保管に必要な情報を印刷して保管するというものです。

これらはインターネットにつながっていないのでハッキングのリスクはありませんが、一方でこれらのハードウェアや紙を紛失したり破損したりしないようにしっかりと管理する必要があります。

中には、誤ってハードウェアウォレットを破棄してしまったり、破損させてしまうという例も後を絶たないため、ビギナーの方に必ずしも向いているとは言えません。

以上のように、インターネット接続の有無によってウォレットの性格は大きく変わりますので、各人のニーズに応じて最適なウォレットを選択する必要があります。

blockchain.gunosy.io
bitbank.cc

仮想通貨の長期保有には、ウォレットの選別が重要!

いかがだったでしょうか。

この記事では取引所も一種のウォレットであり、非取引所系ウォレットの種類も様々なものがあるということをご紹介しました。

本当にビギナーの方は、信頼できる国内取引所に仮想通貨をそのまま保管しておくとよいでしょうが、ある程度慣れてきた方は取引所の外に仮想通貨を移動させて保管しておくこともお勧めします。

 その際には、各ウォレットの注意事項をしっかり調べたうえで、自分のミスで仮想通貨を紛失しないように気を付けましょう。