投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

仮想通貨バブル崩壊もひと段落?中身のある仮想通貨に投資をしよう!

f:id:wave_fxtrade:20180517184127j:plain

2017年といえば、ビットフライヤーのCMなどで「仮想通貨元年!」というフレーズを耳にしたり、また仮想通貨のモナコインを愛好する個人投資家の方が私費を投じて秋葉原に広告映像を映したりするなど、世間一般の仮想通貨に対する知名度が大きく上昇した年でした。
一方で2018年は仮想通貨の円熟期とも言え、ブームに乗るというよりはむしろ冷静に投資銘柄やタイミングを見極めることが重要になってきています。
この記事では2018年における仮想通貨の展望や、具体的なお勧め銘柄についてご紹介します。

仮想通貨バブルもひと段落したといえる理由

一般にバブルとは「そのもの本来の価値を超えて、価格が急騰していく状態」を指します。
 
その意味では、2017年末から2018年初にかけての仮想通貨相場の急騰が本当にバブルなのかということについては、議論があるところです。
というのは、仮想通貨は過去のチューリップバブルやITバブルと違って、今後のお金の在り方、また情報管理の在り方を一変させる可能性があり、こうした社会構造を変革させるほどの「実力」をもったものの価値は簡単に見積もれるものではないからです。 
 
ただ、それでも2017年末から2018年初にかけての急騰は「唐突」すぎた印象は否めません。
というのは、この時期に仮想通貨投資を始めた人はいわゆる「投資初心者・ビギナー」の方が多く、ありていに言えば「仮想通貨って儲かるらしいから一発あててやろう」という人たちが多かった印象があります。 
 
しかし、過去のバブルの教訓にあるように「靴磨きの少年(本来なら投資から最も離れたところにいるような人々の例)」が投資を始めるようになると、相場はいわゆる「買われすぎの状況」が極まってほどなくして暴落してしまいます。
 
仮想通貨バブルも2018年1月中旬ごろから急速にしぼんでいき、その過程で多くの「被害者」を生み出しました。
ただ、こうしたにわか的参加者が一通り退場して相場が正常な状態に戻れば仮想通貨は、また本来のポテンシャルに従って堅調に推移していくとみています。 
 
実際、2018年4月以降の仮想通貨相場を見ますと、(一時70万円台まで下落したが100万円付近まで回復した)ビットコインを筆頭に本格的に持ち直しつつあるといえます。

www.yutorism.jp

2018年仮想通貨はアルトコインのサバイバル!?

2017年の仮想通貨バブルとよく似ているようで違うのは、今(2018年5月時点)上昇している銘柄は、すべての仮想通貨というわけではない点です。
要するに、上がっている仮想通貨と上がらない仮想通貨との明暗が分かれてきています。 
 
例えばビットコインは上述の通り70万円から100万円まで回復していますが、コインチェック事件で風評被害を受けてしまったネムは240円の高値から20円まで下落した後、40円までしか価格を回復できていません。 
 
したがって、今後は「たんに仮想通貨だから」という安直な理由で買っていっても利益を得ることは難しくなるでしょう。 
 
2018年はバブルやその崩壊による熱狂の熱が冷めて、冷静にそれぞれの仮想通貨の将来性を見極める年だといえ、利益を上げていくためにはしっかりとした調査&分析が必要になるといえます。

coincity.jp
blog.livedoor.jp

今後も生き残る可能性の高い「中身のある仮想通貨」をご紹介します

現時点でビットコインを頂点とした仮想通貨の世界の中でも、しっかりとした技術を搭載し、また実社会との連携も進んでいる仮想通貨を何点かご紹介しますので、ご参考までにお役立てください。 

〇イーサリアム(ETH)
言わずと知れたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の代名詞的存在であり「スマートコントラクト(契約の自動化)」やブロックチェーン上でのアプリ開発などで、今後の経済や情報の在り方を根本的に変えることが期待されています。
イーサリアム企業連合(EEA)には、JPモルガンやマイクロソフト、トヨタ自動車などの国内外の大企業が参加し、イーサリアムのブロックチェーン技術を応用しようという活動が盛んです。

www.businessinsider.jp

〇ビットコインキャッシュ(BCH)
2017年8月にビットコインからハードフォーク(分裂)した、ビットコインの改良版です。
ビットコインの送金詰まりを解決するために、ブロックの記憶容量を増加(1メガバイト→8メガバイト)させて対応しています。
今現在、ビットコインのハードフォークはほかにも行われていますが、存在感を示せるものは少なく、送金性能の強化に注力しているビットコインキャッシュの一人勝ち状態となっています。

www.nikkei.com

〇リップル(XRP)
銀行間の国際送金にまつわる送金速度やコストの問題を劇的に解決することが期待されている仮想通貨です。
ブロックチェーンを利用せず、「XRP Ledger」という独自の台帳で取引情報を管理しています。
また、開発元のリップル社は「価値のインターネット(Internet of Value)」という、世界中のどことでも価値(お金)のやりとりができる社会の実現を目指しており、そのヴィジョンにはGoogleをはじめとして、各国の中央銀行やメガバンクも共感しています。

kabumatome.doorblog.jp

〇モナコイン
旧2ちゃんねる(今の5ch)発祥の仮想通貨であり、非常にコアなファンが多いことでも有名です。
2017年10月末には、モナコインを愛好する個人投資家の方が130万円もの身銭を切って巨大広告を流したり、また別の方が80万円以上の費用をかけてモナコインの記念硬貨を作成して無償配布するなど、人々の注目を集めました。
モナコインは、技術的にも取引処理速度を向上させる「セグウィット」を実装したり、また秋葉原の店舗(PCショップやメイドカフェ)での採用が進むなど、日本人にとって身近な仮想通貨となる可能性があります。

news.bitflyer.jp

♦正しい投資銘柄を見極めることが重要

いかがだったでしょうか。 
 
2018年は「仮想通貨に飽きる人」もいる一方で、冷静に仮想通貨の価値を見つめなおそうという人々が長期的に参入してくる年になるとみています。
1そのため、仮想通貨バブル崩壊がひと段落した今、将来性のある仮想通貨を見定めて先行投資しておくことは、非常に有効であると思われます。 
 
具体的には、次の3つの点を分析・評価するとよいでしょう。
 
・その仮想通貨の技術的な性能は、既存の仮想通貨と比較して優れているといえるのか。
・その仮想通貨の掲げている「理念(ヴィジョン)」は明確でわかりやすいか。
・その仮想通貨の支持者(コミュニティ)は、どのような形で存在しているか。
 
上記3点をしっかり踏まえるためには、すでに成功している仮想通貨(イーサリアム)などを参考にすると、具体的なイメージがわきやすいでしょう。