投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

順張りにも逆張りにも有効!ボリンジャーバンドでどう取引する?

f:id:wave_fxtrade:20180605173908j:plain

FXで利用するテクニカル指標は一つではなく複数あります。基本的にテクニカル指標は自分で試して相性がいいものを選ぶのがベストです。
しかし種類によって見るべき情報が変わるため、これからFXを始めようと考える方にとっては、どれを選べばいいか迷ってしまうでしょう。
このような方のために見やすく理解できやすいテクニカル指標としてボリンジャーバンドがあります。
相場に沿った順張り、反転を狙った逆張りにも使えるテクニカル指標ですが、使い方が分からなければ危険なのは他の種類と変わりません。
ではボリンジャーバンドは取引においてどう使えばいいのでしょうか。

ボリンジャーバンドとは?

f:id:wave_fxtrade:20180604144924j:plain

まず使う前にボリンジャーバンドが何なのかを知らなければいけません。
上記はドル円の1時間足でボリンジャーバンドを表示したチャートです。
(クロスと表示されているのは、取ってきたチャートに付いているものなため気にしないでください。)

時間足と書きましたが、これはローソク足の時間ごとの区切りを示すものであり、1時間足の場合は一本のローソク足が1時間の値動きを表すものとなります。
幾つかの線が画面上に出ているのが分かるでしょうか?
この線はバンドと呼ばれるもので真ん中に近いところから順に1a、2a、3aという名前のラインになっています。

上下どちらも変わりませんが、下の場合は-1aとマイナスを付けて呼ぶこともあります。
真ん中の線はミドルラインと呼ばれ、こちらは中期の移動平均線です。ちなみに上記のチャートだとボリンジャーバンドを設定する際、ミドルラインは付いてきません。
表示させたい場合は中期の移動平均線を個別に設定する必要があります。

このaのラインは一定の計算から出ていますが、チャート側で勝手に表示してくれるためトレーターが覚える必要はありません。むしろトレーダーが覚えるべきなのは、このaのラインが表す意味です。

上記のチャートを見て分かるように、ローソク足の値動きがほとんどバンドの中で収まっています。

・1a、68.3%
・2a、95.5%
・3a、99.7%

実際にその収まる確率を考えてバンドは生成されており、それぞれの確率でバンド内に収まるとされています。
1aはともかく2aは95%もの数値を示しており、逆に考えれば4.5%の確率でしか外に出ない、ほとんどバンドから出ることはないと見れるでしょう。

hakuma-2.com

考えなしの逆張りはエクスパンションによる損失の危険

「じゃあ2aのところで逆張りすれば簡単だ」
と思う方もいるかもしれませんが、それで勝てる程甘い話ではありません。
実際に上記のチャートでも本来超える確率が数%しかない2a、3aでも突き抜けている場面が見られます。上記の場合は戻ってきていますが、ボリンジャーバンドには以下のような場面もあるのです。

f:id:wave_fxtrade:20180604145029j:plain

先ほどは並行でしたが、こちらはaのラインが広がって一方的な流れです。
こうしてラインが拡大するのをボリンジャーバンドではエクスパンションと呼び、発生すると同時にレートは一方の方向に流れます。

一方に流れている相場はトレンド相場と呼ばれるものであり、つまりエクスパンションの発生は相場で強いトレンドが発生したのを示すのです。
トレンドが発生すればaのラインもその方向に流れて拡大するため、逆張りをしていると反対に向かって損失が出てしまいます。

ボリンジャーバンドで取引をする場合は、それぞれバンドがどのような状態になっているかで判断する必要があるのです。
しかし逆に考えれば、バンドの状態に応じて取引方法を変えられるため、順張り、逆張り共に使えるテクニカル指標といえます。

ボリンジャーバンドを使った取引のやり方

ボリンジャーバンドはaのバンドに収まるところから、逆張りで使うトレーダーが多いです。
しかし先ほど書いたように一方の方向に流れるトレンドが発生すると、逆張りでは損失が出てしまいます。

そのため逆張りとして使う場合はバンド幅が偏っていない、レンジ相場の時を狙いましょう。
レンジ相場であるかの目安としてはミドルラインを見るといいです。
最初に出したチャートを見ても分かるように、レンジ相場だとミドルラインが並行になっています。

取引のタイミングとしては2aのラインが目安となります。
1aだと確率の関係でそこまで信頼できず、3aだと2aの前にあるため中々チャンスが来ません。
そのため逆張りを狙うタイミングとしては2aが一番適切なのです。

しかし値動きが2a、3aを突き抜けるのも珍しくありません。
掲載したチャートだとありませんが突き抜けた際に、レンジからトレンド相場へ移行することもあるのです。
そのため2aに触れて入ると危険が大きいでしょう。

f:id:wave_fxtrade:20180604145207j:plain

上記はドル円の5分足です。

全てではありませんが、ほとんど2aのラインに触れた後、反転して逆方向に動いています。
このチャートから分かるように、取引のタイミングは2aに触れたのを確認した後、値動きが反対側に行くのを確認した時です。

上記のチャートはそれなりに分かりやすい推移をしており、反転するローソク足が前のローソク足とは反対の線になっています。
陽線の場合は陰線、陰線の場合は陽線が出ると可能性はより高くなるでしょう。

xn--fx-3s9cx68e.co
fx-trader-style.com

利確は反対の2a、損切りは3aから離れたところに

レンジ相場での取引なため、長くポジションを所持するのはよくありません。
2aで反転すると考える場合、反対側でも同じと考えられるため、決済は反対側の2aで行うのが適切です。

しかし上記のチャートでは2回目に上へ行く時、2aに行かず戻ってきています。
2aに行かず戻るケースも珍しくありません。この場合はミドルライン辺りで決済した方がいいでしょう。

損切りは取引した2a側の3aから少し離れたところにしましょう。
2aで反転する関係から3aをポイントにするのが適切と考えがちですが、チャートの中でも突き抜けて3aに迫る動きをしている場面もあります。

3aで設定すると触れて損失になってしまう可能性があるのです。
しかし3aを突き抜けるとレンジ相場が終わっている可能性も高くなるため、あまり離れたところに設置してはいけません。

そのため「3aから少し離れたところ」が適切なのです。
どれくらいかはトレーダー次第であり、損失を気にするなら1から3程度、気にしないなら5以上で考えるといいでしょう。

順張りはトレンド相場でミドルラインを目安に

f:id:wave_fxtrade:20180604145421j:plain

順張りは相場の流れに逆らわず取引する方法なため、トレンド相場の時に使います。

こちらは先と同じくドル円の5分足のチャートです。
トレンドが発生して一方の方向に流れていますが、これを見て気づくことはないでしょうか?
ミドルラインが抵抗線となり、値動きがそこで跳ね返されています。

そもそもミドルラインは中期の移動平均線なため、トレンド相場となれば抵抗線として働くのはおかしくないのです。
これを見れば分かるように、トレンド相場ではミドルラインを目安にして取引していくのが適切となります。

トレンドはいつか終わるもので、ミドルラインを突き抜ける可能性もあるでしょう。そのため取引するタイミングはミドルラインに触れて、跳ね返ったところです。

しかし上記のチャートでは後ろの方で、ミドルラインではなく反対側にあるaのラインに触れて戻ってきている場面もあります。ミドルラインを超えたとしてもトレンドが終了したとはいえず、戻ってくる可能性はあるのです。

ミドルラインだけでなく反対側の1a、2aといったラインを目安に取引するのもいいでしょう。
3aに関してはそこまで動くと終了か転換した可能性が高いため、手を出すのはよくありません。

trader-fx.net

利確はトレンドが終わるところで、損切りは相場の動きで変えていく

f:id:wave_fxtrade:20180604145612j:plain

トレンドが発生した場合、いつ終わるかは分かりません。
しかしボリンジャーバンドを利用している場合、ラインの向きで判断ができます。
ボリンジャーバンドにはラインが拡大するエクスパンションという現象があるのは先ほど説明しました。

この現象が起きた場合だと2aが向かっている方向から反転した場合に終了したと見れるのです。
実際に上記のチャートではエクスパンションが発生していますが、2aが反転していると同時に流れが変わっています。
決済をするのなら2aが反転したところにするといいでしょう。

しかしエクスパンションの場合はそうですが、緩やかなトレンド相場が出ている場合はすぐに2aが反転しないことも多く、反転したと思ったらすぐに戻ることもあります。
このタイミングとしてはラインが並行になってきて、ミドルラインを突き抜けた辺りでしょう。

損切りは基本的に反対側の1aを目安にするといいですが、トレンド相場の場合は一方に進んでいきます。
進み具合によって損切りのポイントを変えていけば、マイナスにならずに済むでしょう。

例えば10動いたら損切りポイントも5切り上げるといった感じになります。
どれくらいかは個人に委ねられるため、自分なりにルールを決めておくといいでしょう。

相場を眺めて動きに慣れる

以上がボリンジャーバンドの相場とそれに応じた順張り、逆張りの方法です。
書けば簡単ですが相場は常に動いているため、実際は「ここで入っていいのだろうか」
と迷ってしまうことも出てくるでしょう。
迷ってしまう場合はボリンジャーバンドを表示させ、相場を眺めてみましょう。
眺めることで
「このような状態の時はこのように動いている」
と一定の法則が分かり、自信を持って取引できます。
場合によっては眺めることで、上記には書かなかった個人なりの取引タイミングを見つけることができるかもしれません。勝ちパターンを見つけることもFXで勝つための近道となるでしょう。