投資Wave

為替・経済指標を中心とした、投資情報をお届けします!

ルーブルを買うべき理由!FIFAワールド杯で注目のロシア通貨

f:id:wave_fxtrade:20180621184224j:plain

ワールドカップで、話題のロシアルーブルに興味のある方に向けての記事です。
国際的なスポーツの祭典、例えばワールドカップやオリンピック開催国の通貨は注目されます。
そして、ワールドカップがなくても今、ルーブルが買い時の理由とOPEC総会が、どう影響するかも解説します。

ワールドカップの通貨は注目されるからロシアルーブルもあがる!

2018年のワールドカップを開催するロシアの通貨ルーブルは世界中から注目されやすくなっています。
為替市場では、ワールドカップやオリンピックの開催国の通貨は、世界中から注目されやすくなぜか買われることが多いという経験則があります。

特に難しい理屈とか法則がある訳ではないのですが、大きな国際大会の主催になる国の通貨は、注目されやすいです。
前回のブラジルワールドカップでは、ブラジルとブラジルレアルが投資先として、すごく注目されていました。今回はロシアの番というわけです。
国際大会のホストになることから国全体が盛りあがりをみせて通貨も外国から評価されやすいのかもしれません。

またワールドカップやオリンピックを開催するためにスタジアム等をつくることから建設業を中心にお金がまわり景気が上向きになりやすくなります。
2010年のワールドカップ開催国の通貨、南アフリカランドも2014年の開催国ブラジルの通貨レアルも大会前にはFX界隈でも注目を集めました。

前回のブラジル大会の時期には、ワールドカップの期待からか2014年の春レアル円は43円から、ワールドカップ終了時の2014年7月に46円台まで上昇しました。
もちろんワールドカップが開催されるというだけで通貨の価値があがる訳ではないのですが、国際大会に向けて政府が国を盛りあげようとするので開催国の経済も勢いづき追い風がふきやすい状況になります。

ロシアルーブルは今、世界中から注目を集めている通貨の一つと言っていいのではないでしょうか。
もちろん、ワールドカップ以外の大きな要因で下げる可能性もありますがルーブルの価格は騰がる方向に追い風が吹いています。

ロシアルーブルはワールドカップがなくても買い時な2つの理由

ルーブルはW杯関係なく今は買いだと考えます。
その理由は

1、長期の下げトレンドから既に脱しているから、あがる見込みがある。
2、4月のアメリカの経済制裁で一度、ルーブルは押しを経ているから下げづらい。

以下、その理由を説明していきます。

ルーブルは長期的な下げトレンドから抜け出したからあがりやすい

ロシアは実は資源大国という一面をもっています。アラブ諸国と同じく原油の産出量が
多いため、なんとロシアは世界第3位の原油産出国なのです。

ドライブをしていてガソリンの値段が高いな?と思っている方はいないでしょうか。理由は原油価格があがっているからガソリンの値段も、それに伴って上がっているのですが原油価格が上昇するとルーブルも上昇しやすくなります。

実はルーブルの価格は原油価格と相関性があります。簡単にいうと原油の値段があがると、ルーブルも一緒につられてあがるという性質をもっています。
現在、原油価格はOPECというアラブ諸国を中心とした石油輸出国のグループが原油の生産量を抑えているので原油の価格があがっています。ですからルーブルも原油と一緒に価格が上昇しました。

2015年、2016年は原油価格が停滞したことからルーブルの価格もなかなか上昇しませんでした。
しかし2017年から原油価格が底堅く上昇に転じはじめてからルーブルも上昇に転じるトレンドに入っているようです。
原油価格は現在も底堅く上昇傾向にあるためルーブルの価格も安定しています。

4月のアメリカの経済制裁でルーブルは一度、安くなっているから買い時

最近のニュースで、ロシアはアメリカから経済制裁を受けたと耳にした人もいるのではないでしょうか。
2014年のロシアのクリミア半島南部への侵攻が経済制裁の原因で、ロシア関連の在米資産の凍結や取引の禁止が経済制裁の主な内容です。
2018年の春にも追加で制裁が行われました。その時にルーブルの価格も下げたので心配な人もいるかもしれません。

確かに今年の4月、ロシアはアメリカから経済制裁を受けてリスク回避からルーブルは売られて価格は下落しました。
分かりやすくいうと経済制裁を受けたからルーブルの価値が下がるだろうと考えた人たちがルーブルを売って違う通貨に代えたのでルーブルが安くなったのです。

しかし5月、6月と原油価格の堅調さが見直され、原油価格と相関関係のあるルーブルも上昇に転じました。
一方的に上がり続けている通貨を買うと高値づかみで買うことも多いのですがルーブルは4月に一度、下がっています。そして5月から再び上昇してきているのでルーブルはワールドカップ開催時はちょうど買いやすいタイミングなのではないでしょうか。

usdjpy-fxyosou.blog.jp
www.nikkei.com

6月22日のOPEC総会には注目しておこう!

ワールドカップ開催国としての追い風と原油価格の上昇と米国の経済制裁による調整で
ルーブルは比較的、ワールドカップ期間中は買いやすいタイミングだと思います。
しかし注意したいこともあります。OPECが今、原油の生産量を抑えています。つくる量を少なくすることで原油の量が減るかわりに価格が上昇します。

しかし6月22日に原油価格があがりすぎていることから、原油の生産量を増やすことを発表するかもしれません。
原油の生産量が増えると原油価格が下がります。
原油価格が下がることでルーブルも、一時的に下がることもあるかもしれません。
しかし既に原油の生産量が6月22日のOPEC総会で増える可能性があることは周知の事実です。
そして、既に現在の原油価格・ルーブルの価格に反映されているとも考えられます。
ですから、必ずしもルーブル価格が下がるとはいえないのではないでしょうか。

www.afpbb.com